大切な彼女が実は合コンに行っていたと突然、報告してきたらどうしますか?びっくりして何も言えなくなる人もいれば、怒ってしまう人もいるかもしれません。彼女が合コンに行っていたと報告を受けたときにどうしたらいいのか、その対処法と注意点について見ていきましょう。

頭ごなしに怒らないこと

正直に話してくれたことに免じて怒りたい気持ちを抑え、1度落ち着きましょう。合コンに行ったことを正直に打ち明けてくれたということはあなたに対する愛情の表れでもあります。彼氏を信頼しているという証拠です。友達に誘われて断れなかったり、人数合わせで参加するよう懇願されたり、彼女にも理由があったのでしょう。女性同士の友情は複雑で難しいものなのです。男性には理解できないことが多いかもしれませんが、まずはどうして参加したのか聞いてあげることが大切です。理由も聞かずに怒鳴ったり、非難したりすると彼女も傷つきます。そのことが原因で別の喧嘩に発展する可能性もあります。お互いに良い気分ではいられなくなるので避けましょう。感情的になりすぎると彼女も「こんなことになるなら行ったことを言わなければ良かった」と思い、次回から嘘をついて出かけてしまうかもしれません。そうなってしまうと関係修復は不可能といえそうです。

子どもっぽい態度をとらない

合コンに参加したことを話してくれた彼女に対して「こっちも合コンに行ってこよう」などと返してはいけません。大人になって付き合いが増えると断れない事情があったり、その場の雰囲気で行くことになってしまったり仕方なく参加する状況も発生します。それに対して彼氏が大人げない対応をしてくると彼女も呆れてしまいます。同じ事をしてやりたい気持ちは理解できますが、それではなんの解決にもなりません。むしろ亀裂が入り、2人の関係がさらに悪化するだけです。彼女が合コンに行ったことを報告してくれたという事実をポジティブに捉え、大きな心で受け止めてあげると彼女もあなたを素敵な男性だと感じるはずです。ここはぐっと我慢して、子どもっぽい態度は厳禁です。

興味が無さそうな態度をとらない

彼女が勇気を出して合コンへ参加したことを報告したのに、興味の無い態度をとったり、無関心だったりすると相手も落ち込みます。さらには「あんまり好きじゃないのかな」と思いこみ、他の男性の元へ行ってしまうかもしれません。いろいろな気持ちを我慢して、何事もなかったようにクールな雰囲気を装うことが必ずしも正解とは限りません。時には「いなくて寂しかった」「とても心配したよ」など自分の気持ちを素直に伝えてみましょう。可愛い嫉妬なら彼女も愛されていることを実感して嬉しくなります。その際、女々しい言動は避け、自分がどれだけ傷ついたか熱弁しないよう注意してください。「心配だから、これからはなるべくそういう場には行かないでほしい」と優しく伝えれば彼女も積極的に合コンに参加することは無いと思います。

責めるのではなく、自分の気持ちに気づいてもらうことが重要

最初にもいいましたが、怒ったり責めたりするのではなく自分の気持ちに気づいてもらえるよう話すことが大切です。彼女は彼氏がいるにも関わらず合コンへ行ったことに罪悪感を感じています。さらに自分が悪いということをよく理解しているはずです。そこへきて非難されたり、責められたりすると彼女も反発してしまいます。ここはぐっと気持ちを抑えて大人の反応を見せましょう。あなたがどれだけ心配したのか伝えることによって、彼女も自分のしたことを反省し、お互いを思いやる大切さを再認識するはずです。また、できる男性だということをアピールするチャンスでもあります。心の広さを見せ、冷静な大人の対応を心がけましょう。

まとめ

彼女が合コンに行っていたと聞いて素直に許せる男性はなかなかいません。相手がそんな報告を受けてどんな気持ちになるのか彼女も分かっていると思いますので、ここは冷静に参加することになった経緯や理由について聞いてあげるのが大人の対応なのでしょう。冷静になるというのはとても難しいです。立場が反対だったら女性は感情的に男性を責めてくることでしょう。男性は感情的になるのを抑え、冷静にその場の状況を判断できる能力を持っています。とっさの状況でも焦らず、冷静に対処しようと心がけることが大切です。彼女との明るい未来を考えているのなら、彼女の行動や言動に対してどのように対応すればいいのかおのずと見えてくるはずです。合コンに関わらず、女性とお付き合いしているといろいろな思いがけない出来事やトラブルが起こります。どんな状況でも冷静に物事を考え、感情的にならず落ち着いて話せる男性が理想ではないでしょうか。いざという時のために普段から大人の対応ができる素敵な男性を目指していれば、彼女との明るい未来もひらくはずです。

よく読まれている記事
彼女が合コンに行った事を隠していたら、すぐに別れるべき理由

カテゴリー: 恋愛